イベント・企画情報

講演会

  2019年10月12日(土)開催

鉄道講演会「上野発の在来線特急 ― 新幹線開業以前」

申込受付中
「鉄道講演会「上野発の在来線特急 ― 新幹線開業以前」」の写真

偉大なる新幹線の力・・・最後まで頑張った在来線の特急・急行群

元・国鉄本社運転局車務課補佐、大熊孝夫さんによる鉄道講演会を開催いたします。


「大熊 孝夫」の写真
講師
大熊 孝夫
元・国鉄本社運転局車両運用補佐

 

イベント日程

日程 2019年10月12日(土)
時間 14:00~15:30
参加費用 無料
参加定員 70名
会場 新津地域学園201号室
詳細 新幹線の開業前は在来線の列車による輸送が行われていた。

当時は、新幹線に比較すればあまりにも貧弱な設備を使用しており、列車計画、運用計画など担当者の熱意で乗り切ってきた。

しかし急激に輸送需要が伸びていた時代の流れは、鉄道側の思惑とは裏腹に輸送力の増強を求めた。

東北・上越新幹線の建設が進められていたころ、東京(上野)はおびただしい特急・急行列車でパンク寸前の輸送に対処していた。

上野駅の終端式ホームなど列車設定のニーズとは相容れない設備を、工夫しながら使用し、1本でも多くの列車を設定するために奮戦していた。

その他にも無数の問題点が存在した。

今回の講演会では、当時の国鉄側のさまざまな事情や社会の要請について、講師に語っていただきます。
お申し込み

このイベントをシェアする

 
 
トップへ